保育所の近隣問題

保育所の近隣問題

待機児童問題と保育所の新設

少子化問題がいよいよ深刻な状況となり、子供の数を増やそうと様々な政策などが提案されていますが、子供を育てる一生の費用の大きさや、子供が生まれてからも働きたいという願いがかなえられそうにないという問題などがあるため、少子化問題はなかなか進展しない状況となっています。

少子化問題の根底にあるのは、経済的に複数の子供を養育していくだけの年収を得ることができるのかどうかわからないということや、将来にかかる教育費などを考えると、子どもは少なくていいと考える夫婦が多いということ、さらに働きたくても働けない待機児童問題があるのに、この先子供が生まれてどうやって生活するのかと不安があるからといわれています。

田舎に行くと待機児童問題などはほとんどなく、働く場所があれば誰でも保育所に入園できる状態です。待機して空く保育所を待つということなど聞いたことないという方の方が多いでしょう。しかし都市部ではすんなり保育所に入園できるという話の方こそ、聞いたことがない状況で、これでは共働きでなければ子供を養育できないという状況を打開することにはならないでしょう。

だったら保育所を新しく作ればいいという話になりますが、園庭の広さや土地の広さなど、認可保育所の規定を満たすことが難しい事と、保育所を建設する土地が見つかっても、近隣住民に大反対され、結局あきらめるしかなかったという状況も出てきています。

保育所については今、この近隣問題も大きな問題となっており、待機児童問題はなかなか解決する方向が見えてこないのです。


〜保育業界関連の外部リンク〜
待機児童や保育所建設に欠かせないのは、もちろん保育士の人員確保です。保育士専門の求人サイトでは、約4万件もの求人が集まっています。現在の状況は保育士の需要が高いとも言え、求人数も増えているようです >> 保育士 求人